広島一家失踪事件

ひぐらしのなく頃に」の元ネタになっていると言われているこの事件ですが、未解決故に様々な憶測が囁かれています。心中したという内容が一番多いのですが、沈んで行く車中で意識がありながら溺死するというのは想像以上に辛いはず。警察の見解的にも遺体に目立った外傷が無く浸入や争った形跡が無い事から無理心中としたとされている。仮に車中での心中だとしたら全員が相当な覚悟があったか、既に動ける状態ではないか意識が無かった事が予想出来る・・・。

いずれにせよ不可解かつ真相はもう解明できない事件ですね。

広島県世羅町。岡山県との県境に近い山間の町で不可解な事件が起こった。同町に住むYさん一家がペットの犬とともに忽然と姿を消したのだ。Yさん宅は建設会社勤務のMさん(58)と妻J子さん(51)、Yさんの母(79)の3人暮らし。他に愛犬の「レオ」が一緒に暮らしていた。美人と評判で町のキャンペンガールもつとめたことのある小学校教諭の長女Cさん(26)は、竹原市内にアパートを借りて独り暮らしをしていた。

事件が発覚したのは、2001年6月4日。
この日は妻が勤める会社の中国への社員旅行の出発日だったのだが、集合時間になっても現れないJ子さんを心配して迎えにいった同僚が誰もいないYさん宅の異変に気づいた。Yさん一家は忽然と姿を消してしまっていたのだ。親族から捜索願いをうけ、広島県警甲山署は機動隊やヘリコプターを動員して付近を捜索するも、一家の姿を見つけることはできなかった。

奇妙なのはYさん宅の様子。玄関の鍵は締まっており、侵入や争った形跡、血液反応もない。ただし勝手口の鍵は開いていた。J子さんの旅行代金や定期預金通帳も手つかずで残っていたことから強盗などは考えにくい。Yさんの車がなくなっていたことからその車で出かけたと思われるが、J子さんやCさんの携帯電話や免許証は残されおり、玄関からは4人分のサンダルが無くなっていたが靴はそのまま。J子さんが行くはずの旅行に持っていくであろう鞄が準備されていた。

またパジャマが見当たらず普段着が畳んであったことから、サンダル履きのパジャマ姿でほとんど何も持たず家を出たことになる。蒸発するにしてはあまりにも不自然な格好である。それに電気がつけっぱなしで、翌朝の朝食が虫除けネットをかけた状態で準備してあったことを考えると、失踪は想定外の突発的な出来事であったと想像できる。

だが、状況や証言などからは拉致を疑わせるものは出てこない。先に触れたように争った形跡がないことや近所の人が争う物音を聞いていないこともあるが、ペットの犬も一緒に姿を消してしまっていることが拉致の線を薄くさせている。犯人が鳴き声など厄介が多い犬をわざわざ連れ出すことは考えにくいからだ。自らの意思で失踪したのだとしても、その動機が見当たらない。Yさん一家の周りには特にトラブルもなく恨みをかうような人ではないと多くの者が証言している。金銭的に困っていたという事実も出てこない。妻のJ子さんは旅行を楽しみにしていたし、長女Cさんは職場のアイドル的存在でトラブルの噂もない。そして将来を約束した男性がいて幸せの最中であり失踪する理由は一見無いのだ。

失踪から1年程が経過した2002年9月7日。
世羅町にある京丸ダムの湖底で、通行人が車が裏返しで湖底に落ちているのを発見、車のナンバーからYさん所有の車と判明し、車内から4人と愛犬の遺体が見つかった。雨不足によって水位が減少したことが車の発見に繋がったのである。

甲山署は「遺体に目立った外傷がないこと」「車のキーがささったまま」「転落したと思われる場所の入り口には車止めがあり誤って進入する場所ではないこと」など関係者への事情聴取から納得いく動機が判明したこと等から、無理心中と判断した。その動機は公にはされていないが、地元ではまことしやかに語られているという。ただし、無理心中としてもダムに飛び込むまでなぜ家族は抵抗しなかったのか?車の窓が開いていたのに逃げられなかったのか?といった疑問が浮かんでしまう。