民法改正で賃貸物件の敷金返還が変わる?

今まで賃貸物件を借りた際に敷金、礼金を支払っていたが、敷金は契約時に大家に預けているお金の事で主に現状復帰や賃料未払い時に補填して利用されます。退去時に修繕費等掛かる場合には敷金から使われ差額が出る場合には別途支払う必要があった。原則的には経年劣化や住んでいる事で自然に劣化するものに関しては月々の賃料から賄われなければならなかったのだが、近年の流れとして、敷金を返還しないケースが多く裁判沙汰にまで発展する事もありました。今回の改正により敷金の切り分けがはっきりすれば返還もスムーズに行われるかもしれない。

「民法改正で賃貸物件の敷金返還が変わる?」の続きを読む…