「アナと雪の女王」盗作として損害賠償270億円求められる

「アナと雪の女王」と言えば続編も決まり原作は「雪の女王」という話でしたが、自伝の内容を盗作されたとしてウォルト・ディズニー相手に270億円の損害賠償を求める訴訟が起こったようです。訴えを起こしたのは作家のイザベラ・タニクミで2010年に出版した「イヤーニング・オブ・ザ・ハート」と18箇所内容が酷似していると主張している模様。日本ではあまり馴染みはないかもしれないが、原作のアンデルセン童話なので似ていてもなんら不思議ではないが訴訟大国アメリカの本領発揮ってとこですね。

ニューヨーク(CNNMoney) 米ウォルト・ディズニーの大ヒットアニメ映画「アナと雪の女王」に自伝の内容を盗まれたとして、自伝作者の女性が同社を相手取り、2億5000万ドル(約270億円)の損害賠償を求める訴えを起こしたことが29日までに分かった。
芸能情報サイトのE!Newsによると、訴えを起こしたのはイザベラ・タニクミさん(通称L・エイミー・ゴンザレス)。訴状の中で、2人の姉妹の物語や裏切りなどのエピソードは、タニクミさんが2010年に出版した自伝「Living My Truth(原題)」から盗用されたものだと主張している。2億5000万ドルの損害賠償に加え、「アナと雪の女王」関連のグッズ販売や配給などを一切停止するよう求めた。
弁護士によると、タニクミさんはプライバシーを守るため現時点で取材には応じていない。主張の詳しい内容については裁判を通じて明らかにする意向だという。
2013年に公開された「アナと雪の女王」は興行収入約10億ドルの大ヒットを記録した。関連グッズの販売は好調で、ブロードウェーのミュージカルやスピンオフ作品の公開も控え、テーマパークには間もなく新アトラクションが登場する。
ディズニーによると、同作品はアンデルセン童話「雪の女王」を原作としている。同社広報は今回の訴訟について、「あまりに馬鹿げている」と述べた。