「餃子の王将」従業員への未払い賃金2億5500万が発覚

餃子の王将にて2013年7月16日~2014年2月15日の間で未払い賃金が2億5500万円あった事が判明した。という事は更に遡ると数十倍の未払い賃金ありそうだ。従業員900人以上に対して支払われていないのは明らかに支払う意志がなかったとしか見えない。日本人従業員は少なそうだが、タイムカードとか揉み消したりざらにありそうで怖いわ・・・。

「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは14日、従業員923人に対し、2億5,500万円分の未払い賃金があったと発表した。

同社は、京都下労働基準監督署からの指導に基づき、従業員の就労管理について社内調査を行った結果、2013年7月16日~2014年2月15日にかけて未払い賃金があったことが判明。未払い分は2014年4~6月期の決算に経費として計上した。なお、今回の費用計上に伴う、今期業績への影響は軽微であるという。

同社は現在、労働時間を管理し、賃金を適正に支払う体制を整備しているといい、今後は社内調査結果を踏まえ、再発防止に努めていくとしている。

(御木本千春)