【告発】上海福喜食品の消費期限切れ肉、不衛生肉の再利用

日本国内でも「ミートホープ事件」という食肉偽装事件がありましたが、やはりこのような実態が明らかになりました。今回の件で同工場から出荷された食品の供給先は、日本以外も含めてマクドナルド、ファミリーマート、吉野家、スターバックス、ケンタッキーフライドチキン、ピザハット、バーガーキング、セブンイレブン、IKEAにものぼるとされている。しかし一方でIKEA.ULは同工場から仕入れていない事を明かした。これに加えてドミノ・ピザとサブウェイも、同工場との取引関係を否定したそうだ。安いからには理由があり、このような事件がおき続ければ安いから買わないという風潮が生まれてくるかもしれません。

消費期限が切れた肉や床に落ちた肉を再利用していたことが発覚した中国・上海の食品加工会社 「上海福喜食品」の現役従業員が、週刊文春のインタビューに応じた。

この従業員は10年以上、上海福喜食品に勤務しているベテラン。
工場内の様々な現場を見てきたという彼は、こう明かした。

「床に落ちた肉を拾うのはそもそも工場のルールなんです。機械を回しながら肉を投入するのでどうしても床に落ちてしまう。 だから設置された青いプラスチックの容器に拾って入れなさい、と。容器がいっぱいになったら肉を回収し『菌敵』という細菌殺菌薬を200倍に薄めた溶液で洗浄する。仕上げに度数70%のアルコールでさらに消毒し、再利用するんです」

彼はさらに恐ろしい実態を明かした。

「2010年に上海万博が開催された時には、海外や国内から多くの人が上海を訪れ、ファストフード向けの鶏肉が足りなくなりました。すると、どこからか、ものすごい異臭を放つ20トンくらいの腐った手羽先の山が工場に運び込まれてきました。その手羽先に業務用スプレーで菌敵の溶液を吹き付けて消毒してから、利用しました」

「菌敵」の主成分は塩酸ドキシサイクリン。人にも動物にも使われる抗生物質だが類似成分で催奇形性に関する報告があるため、妊娠期には経口摂取はもちろん、動物への投与作業をするのにさえ注意が必要だ。

上海福喜食品の親会社であるアメリカの食肉大手「OSIグループ」は、上海福喜食品が出荷した全製品の回収を決定している。

中国鶏肉の危険性について、週刊文春が約1年前に警鐘を鳴らした特集記事「あなたはそれでもチキンナゲットを食べますか?

マクドナルドの中国産鶏肉が危ない! 奥野修司+本誌取材班」(2013年5月2日・9日ゴールデンウィーク特大号)は「週刊文春デジタル」にて緊急再録され、7月31日(木)午前5時に公開される。