オンラインゲームのチートプログラムを販売して逮捕

オンラインゲームとは、MMOやFPSといった多人数が集まり同じリソースを使用して遊ぶゲーム。チートと呼ばれる大体の仕組みはプログラムのメモリ上に設定されている数値(銃の弾数、標的の位置情報等)サーバー側と通信していない情報であれば書き換えて反映させる事が可能だったりします。恐らくこの仕組みを用いたソフトを開発し販売したのではないでしょうか。チートとは別ですが、海外業者などがRMT(リアルマネートレード)と呼ばれるゲーム内通貨と現実のお金を交換するなど問題も出ており日本の法律上まだまだ改正の余地が残っているので、インターネットを熟知した政治家が取り仕切ってやってもらいたいですね。

 オンラインゲームを有利に進めるための不正プログラム(チートツール)を販売したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は13日、不正競争防止法違反(技術的制限手段回避装置提供)容疑で、兵庫県姫路市仁豊野の無職、山本昭秀容疑者(30)を逮捕したと発表した。同課によると「金を稼ぐ目的だった」と容疑を認めているという。チートツールをめぐり、販売行為を摘発したのは初めて。

 チートツールはパソコンに取り込むと、シューティングゲームなどで銃弾が無限になったり、致命率を高めるなどゲームを有利に進めることができるようになる。山本容疑者は自分でツールを作成し、平成22年夏ごろから4社6タイトルに対応するツールを販売。少なくとも500アカウントが山本容疑者のツールを使っていた。

 逮捕容疑は、1月中旬、インターネットで、ゲーム運営会社の不正プログラム制限技術を回避するチートツールを、利用者に販売したとしている。

 チートツールをめぐっては神奈川県警が昨年、チートツールを作動させたとして、電子計算機器損壊等業務妨害容疑で、少年3人を摘発していた。