日本エレキテル連合、ブレイク前の同業者酷評は忘れない

日本エレキテル連合が「解決!ナイナイアンサー」出演時に過去自分達のネタを酷評した同業者芸人を絶対に忘れないと発言したそうだ。まだ露出して1年くらいで一発屋状態でのこの発言は、恨み言を言う前に酷評した芸人よりも売れてから言うべきだったんじゃないかな。正直、ネタというよりもインパクトでブレイクした感が否めず、他番組に出る時もネタ衣装のままなのでこれから先が危ういのではないかな。

 お笑いコンビ「日本エレキテル連合」が2日、日本テレビ系で放送された「解決!ナイナイアンサー」に出演。ブレーク前に自分たちのネタを酷評した芸人に対して「絶対に忘れない」と恨みの言葉を並べた。

 ものまねメイクタレント・ざわちんらとの座談会での発言だった。『ブレークして変わったこと』のテーマで、しわだらけの“小平市の細貝さん”を演じる中野聡子が「いろんな人が優しくなった」と周囲の変化を明かした。

 ネタ作りを担当する“エレキテルの頭脳”中野は、「今までオーディションとかで『(ネタ)意味分かんねえ』って言われてたのが、こうやって(すごい手を叩いて)笑ってるのみて、ウソつけ!って思って」と手の平返しぶりに憤慨。

 「私たちのネタをくそみそに言った芸人が(許せない)。全部覚えてます、何を言われたかも。」と悔しい思いを吐き出した。“白塗りの朱美ちゃん3号”こと橋本小雪も「顔も覚えてる」とうなずき、「対に忘れない」(中野)と激しい言葉で同業者への恨みを口にした。

 2人は“芸能界”“芸能人”へのアレルギー反応も吐露。中野は芸人付き合いについて「正直言うと…苦手。面倒くさい」と告白。2人ともお酒を一滴も飲めず、女芸人会などとも無縁。橋本は「もし行ったとしても、全然しゃべらないし、多分つまらない」などとネガティブ発言を連発した。

 中野は「このあいだまで素人だったんで、芸能界が分かってない」と話し、収録後の先輩芸能人や共演者らへの楽屋あいさつなども、「すいません、とか面倒くさい…」と最後は小声になりながら告白。芸能界のしきたりには染まっていない異色の素顔を披露していた。