松本人志が「24時間テレビでギャラは貰ってたよ」と暴露した模様

1992年の話ではあるけど今でも裏で直接ではないかもしれないけどギャラの支払いは行なわれてる気がするなー。ただ、現在の日本のテレビ局自体が胡散臭くニュースを含め信憑性は自分で調べないと本質が見抜けない日本のチャリティーイベントでギャラを貰っていようがなんだろうとどうでも良いかもしれない。

 「ダウンタウン」の松本人志(50)が31日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。「アイス・バケツ・チャレンジ」からチャリティーの在り方の話題になり、1992年にパーソナリティーを務めた日本テレビ「24時間テレビ」に触れ「ギャラもらいましたよ」と語った。

【写真】「ゆうパック」の新CMで郵便局員に扮する松本人志

 92年はチャリティーマラソンが始まり「サライ」が誕生するなど、番組が大幅リニューアルされた回。

 MCの東野幸治(47)から「アレルギーは当時なかったですか?」と問われると、松本は「もちろんあったよ。こんなんやってええのかとかね。ギャラもらっていいのかっていう話にもなるんですよね。ギャラもらいましたよ。それはやっぱり仕事やから。もらったお金をどう使うかは、こっちの勝手じゃないですか。それは(寄付したかは)言いたくないけどね」と語った。

 昨年、メーンパーソナリティーを務めた「嵐」の出演料が5000万円以上と一部で報じられ、日本テレビは「嵐のメンバーにはチャリTシャツのデザインを含め、メーンパーソナリティーを今年もボランティアで務めていただいております」とコメントしていた。