iPhoneの電源を切っても盗聴する事が可能らしい!

エドワード・スノーデン氏によれば、特定技術を利用するとiPhoneの電源を切れたようにみせかけマイクを利用して盗聴する事が可能のようだ。Appleが協力すれば大型バージョンアップ等で消せないアプリとして無理矢理入れ込まれたり、無料アプリとか気軽にダウンロード出来るものに、そのようなアプリに盗聴プログラムが埋め込まれていたら結構怖い事になりそうですよね。

英国メディアの10日付の報道によると、エドワード・スノーデン元NSA(米国国家安全保障局)職員は「iPhoneの電源を切っても、NSAの職員がマイクを通じて盗聴することができる」と示した。スノーデン氏が暴露した情報は専門家に実証された。

スノーデン氏によると、米国家安全保障局と英国政府通信本部(GCHQ)が共同で新技術を開発してきた。この技術で利用者が何も知らない情況の下、電源を切っても、マイクを通じて関係情報を盗聴することができるという。

米国ロサンゼルスのハードウェアエンジニアのマイク・ターナー氏が「ある技術を利用すれば、iPhoneをあたかも電源が切れているかのように見せかけ、実際は省電力モードの状態にすることで、ユーザーが知らず知らずのうちに盗聴・監視されているという状態を作り出すことができる。そのような状態の時にiPhoneのディスプレイ表示は当然オフ表示になっており、ボタンも反応しないため、ユーザーにとってはなかなかその盗聴・監視モードに入っていることに気付かない」と語った。

セキュリティの専門家で顧問のグレアム氏によると、NSAはこの技術をアプリをインストールする形でiPhoneに埋め込むことができる。このような技術はインターネットまたは携帯電話を通じて活用されることができるという。